マンガ「山と食欲と私 1巻」で登山と、登山中の食事の予習をしよう!【感想】

日本のマンガ雑誌くらげバンチで連載の信濃川日出雄の山と食欲と私第1巻

ちまたで人気がじわじわ上がってきている登山。

体を動かすアクティビティーがもっともっと流行る世の中になります。

昔からあり、これからも加熱していきそうなアクティビティー、登山

 

ちょっと登山初心者のアナタ、

「行ってみたいけど、、体力の不安が、、持ち物の不安が、、」

って思っていませんか?

そんな時は、予習しちゃいましょう!

予習にぴったりのマンガがあります。

 

山と食欲と私

というマンガです!

 

ごはんがおいしそう

まずはなんといってもコレです。

タイトルに「食欲」がつく通り、おいしいごはんの描写がほぼ毎回出てきます。

しかも、そこらのフード系マンガとは違います。

「あー…ここで秘伝のタレをどうこうしたり高級食材をアレしたりすんのね、

ふーん、

あっそ…

まあリアルにはマネ出来んがな」みたいな、

見て終わりの食事ネタじゃないんです!笑

作り方が結構カンタンそう!しかもおいしそう!なんです。

なかにはズボラ飯と呼んでもいい内容、だけど登山して山頂で食べたらぜったいおいしいぞコレ〜!

って、マネしたくなるごはん

がたくさん紹介されています。

登山テクニックも描かれてます

登山で何分くらい登ったら体のスイッチが切り替わってよく動くようになる…だとか、

山に限らずシンプルに坂道を登るときに疲れにくく登るにはどう工夫すればいいか…とか、

「あっ、そうなんだ〜」って気づきが結構多い内容です。

実在する登山口から、スタート時刻も書いてくれているので、

ここからこう進むと大体何時にはここに着くのかな…なんてことも実際にチャレンジする前の予習として勉強になります。

何かトラブルがあったらこの主人公はこうやって対処したのね、とか。結構ありそうな「もしも」だと思いました。

 

登山好きは休みの日には何をしているの?

登山によく行く人が、普段から筋トレをして体力が衰えないように気を使っている描写が描かれていました。行動食や非常食、火起こしのガスの残量を気にしているんだー

 

…なんてことがわかります。

日常に登山が溶け込んでいない人からすると、登らない日はこんなことを気にかけているんだなーと勉強になります。

 

この栄養素を気にしてるんだなーとか、これを食べれば登山で不足しがちな栄養を摂れるんだねーとか。役立つことが結構多いです。

 

読んでおけば、もっと登山が楽しくなる!

登山あるあるやおいしい食事がたくさん描かれている「山と食欲と私」

登山用語とその解説(説明)なんかも散りばめられていて、勉強になります。

「あの小さいフライパンを買って登山で持って行って、休憩中にあのごはんを作ってみよう」

とか、

「あれに載ってたあのグッズが便利そうだったから、今度ショップに登山用具を買いに行くついでに探してみよう」

とか、

登山と食事が楽しみになります!ワクワク。

 

 

 

Follow me!

braveの猫メガネのアイコンなんと この記事を 書いた Brave(ブレイブ)が おきあがり

なかまに なりたそうに こちらをみている!

なかまに してあげますか?

Twitterで フォローする!

Instagramで フォロー する!

 

関連記事

【書評】持たないヤツほど、成功する【感想】

浅生鴨さんの著書伴走者糸井重里絶賛

【書評】伴走者を読みました。【感想】

アニメ化したゆるキャン△

【書評】ゆるキャン△1巻を読んだらグッズを揃えてキャンプ場に出かけたくなりました...

NO IMAGE

【書評】小さなお店&会社のWordPress超入門、読了。【感想】

赤坂双子のライオン堂のしししし

【書評】しししし1を読むと、読書が好きに、本屋が好きになれる気がする。【感想】

東京創元社の文庫本スタートボタンを押してください

【書評】スタートボタンを押してください を読了。【感想】