【映画鑑賞】、フォレスト・ガンプ/ 一期一会【感想】

フォレスト・ガンプを見ました。

往年の名作ですね、1994年の映画。アカデミー賞。

とにかくトム・ハンクス演じる主人公フォレストみたいに「素直になりたい、真っ直ぐでいたい、馬鹿正直になりたい、愚直に一本気になりたい」と思いました。

シンプルにこう!と言ったらこう!って感じで行動する(他の選択肢を見ないとも言える)のがすごく響く作品です。

幼い頃からのママの育て方もものすごくこみ上げるものがありました。

人間、よくない方向に転がるのもうまいこと転がるのも全て、選択をして進んだ先にあるからこそ面白いんだなあ。

『人生は食べてみなければわからない、チョコレートの箱と同じ』

だそうですよ。

明日も、たった今からも、前を向いていこうと思える作品です。

Follow me!

braveの猫メガネのアイコンなんと この記事を 書いた Brave(ブレイブ)が おきあがり

なかまに なりたそうに こちらをみている!

なかまに してあげますか?

Twitterで フォローする!

Instagramで フォロー する!

 

関連記事

braveの猫メガネのアイコン

【映画】エマ・ワトソン&トム・ハンクス主演の、ザ・サークルを見ました。【感想】

braveの猫メガネのアイコン

【映画】ズートピア、面白かった!【感想】

【映画】映画館で「世界でいちばん美しい村」を見ました。【感想】

NO IMAGE

【映画】映画鑑賞、ミッドナイト・イン・パリ【感想】

braveの猫メガネのアイコン

【映画】「この世界の片隅に」を見て感動!泣けるセリフ5選【感想】

【映画】ガールズ&パンツァーの劇場版がAmazonのPrime Videoでタダ...