映画「フォレスト・ガンプ/ 一期一会」感想。

フォレスト・ガンプを見ました。

往年の名作ですね、1994年の映画。アカデミー賞。

とにかくトム・ハンクス演じる主人公フォレストみたいに「素直になりたい、真っ直ぐでいたい、馬鹿正直になりたい、愚直に一本気になりたい」と思いました。

シンプルにこう!と言ったらこう!って感じで行動する(他の選択肢を見ないとも言える)のがすごく響く作品です。

幼い頃からのママの育て方もものすごくこみ上げるものがありました。

人間、よくない方向に転がるのもうまいこと転がるのも全て、選択をして進んだ先にあるからこそ面白いんだなあ。

『人生は食べてみなければわからない、チョコレートの箱と同じ』

だそうですよ。

明日も、たった今からも、前を向いていこうと思える作品です。

SPONSORED LINK
Brave

Brave

のら勇者⚔

読んでくれてありがとうございます。Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。レベル上げ・自分磨きする人の味方です。日本の東京に住んでいます。人生というゲームを楽しんでいます。ブログは読書と健康・回復系が多め。本やYouTubeを見まくってかしこさ上げていきたい。口コミや評判が良いおすすめレビューされてる作品やアイテムを実際に買ってやってみたり感想書いたりもしてます。わかること、出来ることが増えるのは楽しい。調べ屋。試し屋。フォローやブックマーク、シェアしてくれたら嬉しいです。《装備》読書の剣/筋トレの鎧/血流の盾/ 継続の兜/進化の書《最近欲しいもの》美容の知恵

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事