「まんがでわかる地方移住〜セカンドライフ入門〜」感想。地方移住、憧れます

鍋田吉郎シナリオ、松原裕美まんがのまんがでわかる地方移住表紙画像

まんがでわかる地方移住〜セカンドライフ入門〜

シナリオ・鍋田吉郎、まんが・松原裕美

という小学館から出ている本を読みました。

ぼくは生まれも育ちも東京で、ビルの大群の隙間を縫いながら地下鉄に揺られて移動している人間です。

やっぱり憧れますよ、地方移住。

空気の美味しいところで、地産池消を楽しむ。

五感をフルに使い、絶景を楽しむ。

「あーいいなあ地方移住やってみたいなあ〜」

…と想像している人は意外といらっしゃるんじゃないでしょうか。

この本は妻子持ちのおじさんが主人公。

いろんなことに悩んで、地方移住に向かって動き出します。

シンプルに面白かったし、ためになりますよ。

SPONSORED LINK

【あらすじ】人生の分かれ道、そんな時どうします?

主人公は東京で働くサラリーマン。妻も子供もいます。

働き盛りで体調も良好。

そんな時に出世の知らせがあり、部署異動、管理職。

帰宅時間は早くなったがモヤモヤする日々が数日過ぎました。

そんな中、大学同期との久しぶりの飲み会で友人たちと旧交を温めていると

なんと、友人のひとりが

「地方移住をはじめた」ことを知ります。

そして……

 

SPONSORED LINK

「新しい生活・仕事という別の山に、いま登り始めたところです」

地方移住の先輩に、苦労や楽しみや醍醐味を聞きに行くシーンがあります。

そこで主人公が考えさせられたワンセンテンス。

「新しい生活・仕事という別の山に、いま登り始めたところです」

 

主「別の山か…」

 

どんどん日本の平均寿命は伸びています。

いまの会社を定年まで勤めたとしても、生活は続くでしょう。

それこそ数十年単位で。(順調に健康でいれば)

定年した後に燃え尽き症候群みたいになって

「何をして過ごしたらいいか、わからない…」

とならないためにも、会社以外の物事に目を向ける時間もきっと必要です。

人生は思いのほか長いのです。

下調べ、検討はじっくり、実行はがっつり!

当然、地方によっていろいろなルールや不便があります。

ゴミ出しの捨て方、夜間の街灯の数、交通の便…

しっかりと下調べをすることが大事だということと

やる時はワクワクながら

思い切って「えいっ!」とやってみることも大事だ

ということが書かれています。

大丈夫、実は様々な機関に頼ることが出来るかも…

ということも書かれていて、

本当にシュミレーションにもってこいの内容です。

 

SPONSORED LINK

まとめ、人生において数%でも地方移住の可能性があるなら必読

実際に地方移住やっちゃおう!

…なんてすぐに実行出来る人はこの本を読む必要はないかもしれません。

けど

「いつかは…」

って考えてる人は読んでおいた方が良い。

この本の主人公は都会人のおじさんです。

地方移住を決行する前に、下調べをしたり詳しい人に話を聞いてみたりして疑問点を解消していってます。

疑問に思いそうなことがわかる。

苦労するポイントが見える。

予習には最適な本です。まんがの画もキレイで読みやすかったです。

 

https://richterminal.com/kojinfreeekakuteishinkokukeihi/

https://richterminal.com/multiplyingjobchangeandsidejobmoto/

https://richterminal.com/magnaledlantern/

https://richterminal.com/kindlekidsmodel/

 

 

Brave

Brave

のら勇者⚔

読んでくれてありがとうございます。Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。レベル上げ・自分磨きする人の味方です。日本の東京に住んでいます。人生というゲームを楽しんでいます。ブログは読書と健康・回復系が多め。本やYouTubeを見まくってかしこさ上げていきたい。口コミや評判が良いおすすめレビューされてる作品やアイテムを実際に買ってやってみたり感想書いたりもしてます。わかること、出来ることが増えるのは楽しい。調べ屋。試し屋。フォローやブックマーク、シェアしてくれたら嬉しいです。《装備》読書の剣/筋トレの鎧/血流の盾/ 継続の兜/進化の書《最近欲しいもの》美容の知恵

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事