Book

千田琢哉(せんだたくや)さんの本のおすすめ5選。数十冊読んだ中から厳選しました。

千田琢哉さんの著書おすすめ5作品

Brave(@Bravebureibu)です。

いわゆる自己啓発系に分類される本の著者、千田琢哉(せんだたくや)さんをご存知でしょうか。

ぼくは人生でいい結果に恵まれず迷っている時期に、

千田琢哉さんの著書と出会って読み込むうちに、

生きることへのテンションが上がったクチです。

詳しくカウントしていませんが、50冊以上は読んだかと思います。

そんなぼくがおすすめする、千田琢哉さんのおすすめ本5選を紹介します。

 

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。20代で身につけたい本の読み方80

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。千田琢哉さんの著書表紙画像

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

20代で身につけたい本の読み方80

…とあります。

タイトルがやたら長いです。

書店でこの本が平積みされていて目に飛び込んで来た時に、

「ピンッ!」と来ました。

いや、「ビビッ!」ときました。笑

上野の新刊書店でした。アルバイト生活の合間の健康診断の帰りでした。

この本の中には、「運命の本は、買った瞬間のことも正確に覚えているもんだ」

という趣旨のことが書かれています。

なので、この本はぼくにとっては「運命の本」です。笑

 

著者が読書に目覚め、「本の虫」に豹変してからの気づき

前書きで書かれていますが、

著者の千田琢哉さんは大学生の時に、

1万冊以上の本を読んだと言います。

そのために1000万円以上使ったそうです。

自らを「常軌を逸するほどの本の虫に変貌した」と表現しています。

そして、社会人になってから会社での立ち回りや上司の感情の機微に敏感になり、

自分の理想に駆け上がるように突き進めたそうです。

その理想までの道のりでの大量の気づきの中から選ばれた80もの経験則が詰まった本です。

 

この本の影響で、ぼくは読書に真剣になった

もともと読書は嫌いじゃない方でした。

けれど、貧乏でお金の使い方も雑だったので本を買う事をあまりしていませんでした。

買っても中古のマンガとか。

 

けれど、この本を読んでから「読書」をすれば必ずもっと人生は良くなると確信めいた自信が持てました。

「本を1冊読めば、年収が10円上がる」

 

という謎なオリジナル呪文を開発しました。

これは千田琢哉さんの言葉ではないです。しかも根拠はないです。笑

 

ただ、この本に出会ってから1年に300冊を目標に、本を読み進めて買い進めてきました。

出来ていない年も正直ありますが、間違いなく年収は上がっています。

なんというか、自己投資に対してお金を惜しまないクセみたいなものが出来ました。

 

 

孤独になれば、道は拓ける。

孤独になれば道は拓ける。千田琢哉さんの著書表紙画像

孤独になれば道は拓ける。

この本も壁にぶつかり悶々としていた時期に購入した本です。

やりたいことがあり、頑張っているはずなのに結果につながらない…

そんな方はもしかしたら「覚悟」をして孤独になってみたらいいかもしれません。

世の中には良い影響をもたらしてくれる人間と、そうでない人間がいます。

ざっくりと無理やり内容を一言でまとめるなら、

群れて集団でいるよりも、

孤独になれば自分自身と対話する時間が増えます。

それこそが自分自身が望む成功のために必要なことだ

…ということです。

 


自分の時間が3倍になる 人生を変える時間術

自分の時間が3倍になる人生を変える時間術、千田琢哉さんの著書表紙画像

自分の時間が3倍になる人生を変える時間術

やりたいことがあり、そのために何をすべきかが見えている人が見れば、

時間の使い方が変化して、

自分の成長が一気にブーストするはずです。

勉強の章と、恋愛の章が特におすすめです。

ちなみに先ほどの「孤独になれば道は拓ける」と表紙が似ています。

これは同じ出版社(大和書房)だからでしょう。

内容は多少重複している部分もありますが、両方読んでおいて損はないです。

 

一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法

一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法、千田琢哉さんの著書表紙画像

一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法

この本もタイトルが長いですね。笑

けれど大事なのは大きく書かれた

読書の技法

のところです。先に紹介した、

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

20代で身につけたい本の読み方80

の威力を更に増大させて自分の読書熱をたぎらせるために買いました。

 

稼ぐ男の身のまわり

稼ぐ男の身のまわり、千田琢哉さんの著書表紙画像

稼ぐ男の身のまわり

結構千田琢哉さんの著書は「運」とか「超一流」とか、響きがいいけど抽象的なものを主題においた著書が多いです。

こちらは、先に紹介した「読書」や「時間」といった内容とは別で、結構具体的です。

だからチョイスしました。

・デキる男になりたければどんな靴を履くべきか

・デキる男はどんなワイシャツを着ているか

などがわかります。

「身のまわりを見直したい」と考えている方には

ドンピシャだと思います。

 

まとめ、年齢性別関係なくおすすめ。

「20代ので身につけたい〜」とか

「稼ぐ男〜」とか

書かれていますが、このメインターゲット?からはずれている人も

読んで参考になるはずです。

 

例えばぼくが女性だったら、努力している男に好きになってもらいたいです。

努力している男ってどんな人?っていうのを探るのにもいいかもしれません。

 

わりと抽象的な「読書」とか「時間術」は年齢性別関係ないです。

・成功したい

・モテたい

・成功している人やモテている人のことを知りたい

って人には豪速球でおすすめです。

 

…少し間違えました、本は投げるものじゃありません。

本は読むものです。

 

 

メンタリストDaiGoの著書「男女脳戦略。」を読んだ感想のブログ記事のために用意した画像
メンタリストDaiGoの本「男女脳戦略。――男にはデータを、女にはイメージを売れ」で得られる知識は長い年月お世話になりそうだ【ネタバレなし】メンタリストDaiGoさんの「男女脳戦略。――男にはデータを、女にはイメージを売れ」(ダイヤモンド社) という本を読みました。 ...
未来に先回りする思考法という佐藤航陽の著書の書影、ブログ書評記事作成時に用意した
「未来に先回りする思考法」という佐藤航陽(さとうかつあき)さんの本を読みました。メタップスの社長さんです。【書評・感想】 「未来に先回りする思考法」という本を読みました。 IT会社メタップスの社長、佐藤航陽(さとうかつあき)さんの著書です。 ...
堀江貴文の本多動力の表紙画像
堀江貴文さんの著書「多動力」感想。ビジネス書が映画化するってレアケースですね。 堀江貴文さんの著書、 「多動力」 2017年05月に発売して、とてつもない勢いで売れていた本です。 NEWS ...
学びを結果に変えるアウトプット大全の感想をブログ記事に書く時に作成した画像
【感想】学びを結果に変えるアウトプット大全(樺沢紫苑さんの本)読みました【一部ネタバレ書評】樺沢紫苑さんの人気書籍、 学びを結果に変えるアウトプット大全 を読みました。 感想を書きます。 この手の...

 

ABOUT ME
アバター
Brave
Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。レベル上げする人の味方です。日本の東京に住んでいます。人生というゲームを楽しんでいます。まずは世界の前にぼくを救ってるよ。ブログは読書と健康・回復系が多め。好きなYouTubeはラファエルとメンタリストDaiGo。フォローやシェアしてくれたら嬉しいです。