ルーティンのレベルをあげる

こんばんは。Braveです。

今現在、実行中の習慣づけについてのお話です。まだまだ若干はみ出してしまう日々ですが、型をなるべく早く固めたいなと考えています。3つ紹介します。

1.寝不足は NG

これは説明するまでもないって感じもしますが、睡眠時間の確保を優先して設定しています。

具体的には、23:30までに就寝すること。

そして、朝は5:30に起床。入眠までの時間を省けば6時間睡眠です。

僕の体質を鑑みるに、だいたい6時間寝られれば翌日パフォーマンスを崩さずに過ごせるようです。

人によっては3時間とかでも全然へっちゃらなタイプもいたりして、そこは羨ましいですが、下手に真似をしてパフォーマンスを下げた経験があるので実行はしません。

22時〜深夜2時のゴールデンタイムで主に肌の回復を考えています。

そして、入眠までの時間を省いたのは、「すぐにぐーすか寝られるくらいに精神的にも肉体的にもベストを尽くしてから寝るように一日の行動を組み立てよう」というわけです。

単純に疲れ切っていれば、ぶっ倒れるように、泥のように、寝られます。

日々そのくらい酷使していて、何も成果をあげられないわけがないと自分自身を信じています。

 

2.本を読み続ける

 

これに関しては、もう武器であり、鎧であると思っています。

知恵がないと、この先単調な仕事に従事せざるを得ない状況に追い込まれる世の中になるのは必至です。僕は稼いで周りの人たちにハッピーを撒き散らしたいので、頭を鍛えていくことは人生を通した課題であり宿題であり、プレゼントです。

読むペースや読む順番などはそこまでこだわっていません。

旬な食材が刻々と変わるのと同様、自分にとって必要な本は変化します。

その時読み進めたいと思うものを手にとっています。

積ん読が40冊ほどあります。

言ってみれば、知識のわんこそばです。

読み続けて買い続けます。

あと1万冊くらい読めば、量から質に転換する瞬間がくるのかもしれませんが、当分先のことですね。

 

3.姿勢を正す

 

これがなかなか大変です。

僕は姿勢が悪いです。

ですが、結局正しい姿勢こそがいちばん省エネであり高パフォーマンスの源であることを知りました。本で読みました。

まだまだですが、背すじを伸ばしたり、両足に重心をしっかり感じて立つ(片足で寄っかからないなど)、と言った簡単なことから始めています。

よくない姿勢になってしまっていたらすぐに正しい姿勢に直します。それを、

「姿勢をキャンセルする」と表現しています。

 

…みなさまはいかがでしょうか。

一見カンタンなんです。動画で見るダンスが「こんなん自分だってできるよ」って感じてしまうような心理ですが、実践するのはなかなか大変です。

プラス、それを継続するのはかなり大変です。

ですが、僕はチカラが欲しいので継続します。

 

関連記事

NO IMAGE

能動的に自浄していこうと思います

きみのせかいはきみのものだよ

お尻の筋肉が痛いです

出来ることを増やす。ただ、その順番にはこだわろう

171002日誌

やりたいことから手をつける