Book

芦田愛菜の本「まなの本棚」を読みました。知識の聖地巡礼が楽しい【ネタバレなし感想】

芦田愛菜の本まなの本棚の感想を書いたブログのために用意した画像

芦田愛菜さんの本、

まなの本棚を読みました。

 

かわいい子役から成長して、

読書好きの芸能人

というポジションに移行しました。

 

活字中毒を自称するくらいの読書家・多読家で、

常に何かを読んでいたいらしいです。

作品を持ち歩き、家でも読み、調味料のラベルも読む…。

す、すごい。

 

知的美人さがあふれて出して止まらない彼女は、

もはや「愛菜ちゃん」ではない。

芦田愛菜さん

なのです。

 

そんな芦田愛菜さんの大容量の読書愛と、

出会った中からおすすめ約100作品もの書籍を紹介。

それが詰まったこの本

まなの本棚。

 

ネタバレなしです。感想、思ったことを書いていきます。

芦田愛菜さんおすすめの作品はぜひ、

「まなの本棚」でご確認下さい。

 

想像をふくらませる習慣

幼少の頃から、本が好きという芦田愛菜さん。

ご両親が読み聞かせをしたり、本をプレゼントしたりされていたそうです。

本が近くにある環境で育ったんですねえ。

考えてみれば、お芝居の台本なんかもよく手にとっていたでしょうから

「読む」ということが当たり前になっていたんですかね。

 

色んな物語を読み、

別の視点からスポットライトが当たったり

違う結末や展開を想像するのが楽しかったんでしょうね。

 

楽しんで読んでいることがよくわかる

本書には、芦田愛菜さんの

普段の本の読み方や、

読みながらどんなことを考えているのかなどが

口語(話し言葉の文章)で書かれています。

 

楽しみながらたくさん読んでいて、

とにかく本が好きなんだということが伝わってきます。

知的好奇心がとにかく旺盛。

吸収力がハンパないです。

 


「もしも」で遊べることが読書好きの分岐点

「なぜそんなに読書が好きなの?」

という疑問を持った人への答えのひとつとして、

 

「もしも」を想像して楽しめること、遊べることが読書好きへの第一歩

なんじゃないかと思いました。

 

物語を読み進めることによって、

心に響いたり、びっくりしたり。

違った結末、展開。

 

芦田愛菜さんの読み方は

文章を読み、決まっているゴールへの道のりも

もちろん楽しんでいるんですが、

「もしも」を楽しんでいる感じがすごく伝わってきました。

 

「自分だったら」とか

「別の方法だったら」とか

置き換えて遊ぶのが上手い印象を受けました。

 

これは昔からの、子役としてドラマ出演してきたなど

の経験も活きているのかもしれませんね。

SNSやアバターが流行って、日常に溶け込んでいる現代なので

女優でなくとも一般人でも

違った人格やストーリーを妄想する

というスキルというか遊びは

上手いにこしたことはないんじゃないかと思います。

 

スペシャル対談を収録【山中伸弥さん・辻村深月さん】

まなの本棚には、スペシャル対談が

収録されています。

山中伸弥さんと、

辻村深月さん。

 

山中伸弥さんは、

京都大学ips細胞研究所所長・教授。

ノーベル賞学者さん。

医学や科学にも興味があるという芦田愛菜さんと

山中さんが少年時代に読んでいた本や、

影響を受けた本などについて対談しています。

 

「なーんか知ってる名前だなあ」

と思ったら…

将棋の羽生善治さんとも語り合ってる人でしたね。

 

辻村深月さんは、

作家さんですね。

直木賞作家で、

最近だと「かがみの孤城」がかなり話題になりました。

2018年本屋大賞受賞。

 

武富智さんのコミック版「かがみの孤城」もいいですね。

合気道の「EVEL HEART」(イビルハート)とか結構好きです。

 

余談、番組で神保町の書店と秋葉原の猫カフェへ

ちょっと前ですが、

テレビ出演された芦田愛菜さん。

 

番組で本の街神保町と、秋葉原に訪れています。

(このYoutube動画はおそらくいつか消されると思います…)

 

芦田愛菜さんが行った先の店舗をメモしておきます。

いつか自分が遊びに行くため。

神保町・ブックハウスカフェ【待ち合わせ】

神保町のブックハウスカフェは

絵本を主に扱っている書店。

カフェも併設されていて、

1日限定10食のカレーがあるらしいです。

さすがカレーの街でもある神保町。

駅から徒歩2分。

 

ブックハウスカフェのサイト

 

神保町・神田古書センター【古書店】

神保町の神田古書センターは、

古書のお店が入ったビル。

 

芦田愛菜さんは「鳥海書房」で

ダニの図鑑を手にとっていました。

(はじめて買ってもらった本は人体の図鑑らしい)

取り扱いは1万冊以上。図鑑多め。

駅から徒歩1分。

 

神保町・姉川書店にゃんこ堂【猫本専門店】

猫本の看板を見つけて、一同は

神保町姉川書店「にゃんこ堂」へ。

もともとは一般書店だったのを、猫の本専門にチェンジ。

売上が3倍以上になり、全国からネコ好きのお客さんが集まるそうです。

 

芦田愛菜さんは「魅惑の黒猫」に興味津々。

駅から徒歩1分。

 

秋葉原・猫カフェMOCHA(モカ)【猫カフェ】

急遽、芦田愛菜さんのリクエストで

一同は秋葉原の猫カフェMOCHA(モカ)へ。

猫カフェまだ行ったことないから行ってみたい。

せっかくならココに行こうかなあ。

 

猫カフェMOCHAのサイト

駅から徒歩6分。

 

 

まとめ、芦田愛菜さんの聡明さと知的好奇心

芦田愛菜さんの著書

「まなの本棚」

を読んだ話でした。

読書好きの、読書愛に詰まった本です。

 

なんだか巷では子供の教育のために…とかで流行っているらしい本ですが、

シンプルに親が楽しく読書すれば、

子供はつられて本を楽しく読むように育つんじゃないかと個人的には思います。

それこそ絵本からでもいいし。

ぼくは子供ではないですが、絵本や児童書も読みます。

100万回生きたねことか、

エルマーのぼうけんとか好きです。

子供の頃に読んだ本も、

時間が経って久しぶりに読んでみると

全然違うところで感動したりして面白いです。

 

それこそ「まなの本棚」は、

芦田愛菜さんのおすすめ作品が大量にのっています。

その作品を実際に読めば

知識の聖地巡礼

みたいなことが出来て楽しいので、

長く我が家の本棚に居続ける本だと思います。

 

 

読書管理、ログ、記録サービスのブログ記事を書いた時に作成したアイキャッチ画像
読書家は読書管理・ログ・記録を残して賢くなった歴史を紡ごう!おすすめサービスまとめ読書は好きですか? 「ぼくは好きです!」 ぼくはそんなに本を読むペースは早くないのですが、 自分なりに読んだ本を記録し...
村上春樹の作品、「最初の一冊にはこれがおすすめ!」5選Brave(@Bravebureibu)です。 村上春樹(むらかみはるき)さんの著書はお好きですか? 読書が好きな人なら、 ...
理想の本屋さん今でしょ記事のために作成した書店の本棚画像
林修さんの理想の本屋さんとは?人気予備校講師が選ぶ良い条件が揃った書店へ、いつ買いに行くの?今でしょ!【自分の復習用にテレビ放送を文字起こし】 Brave(@Bravebureibu)です。 林修(はやしおさむ)さん、ご存知ですか? 有名予備校の講師を...
翻訳機POCKETALK SポケトークドラえもんEdition 特別セットが届いたので開封する話をブログに書いた際に用意した画像
【使い方・開封】ポケトークSドラえもんEdition特別セットが届きました予約注文していた 翻訳機POKETALKポケトークS ドラえもんEdition 特別セット が我が家に届きました! ...
ABOUT ME
アバター
Brave
Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。レベル上げ・自分磨きする人の味方です。日本の東京に住んでいます。人生というゲームを楽しんでいます。ブログは読書と健康・回復系が多め。好きなYouTubeはラファエルとメンタリストDaiGo。フォローやシェアしてくれたら嬉しいです。《装備》読書の剣/筋トレの鎧/安眠の盾/ 時短の兜