Book

【2018年下半期芥川賞は上田岳弘のニムロッド・町屋良平の1R1分34秒、直木賞は真藤順丈の宝島】芥川賞と直木賞とはなに?文学賞を調べてみました

芥川賞や直木賞といった文学賞をしらべてブログ記事にしたときに作成した画像

たまに話題になる

直木賞(なおきしょう)

とか

芥川賞(あくたがわしょう)

とはそもそもなんなの?と疑問に思ったので、

話題になるたび忘れて検索する手間を省きたくて

記事に残しておくことにしました。笑

 

芥川龍之介賞、通称芥川賞(あくたがわしょう)とは

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。芥川龍之介賞Wikipedia

なるほど。

芥川賞は、

純文学新人

が主なんですね。

又吉直樹の「火花」(2015年上半期、第153回)

とか

村田沙耶香の「コンビニ人間」(2016年上半期、第155回)

がわりと最近すごい話題でしたね。

 

芥川賞を受賞した、村田沙耶香のコンビニ人間の文庫版
【書評】村田沙耶香さんの「コンビニ人間」読了。おぞましくて美しい…Brave(@Bravebureibu)です。 芥川賞を受賞した、村田沙耶香さんの 「コンビニ人間」を読みました。 ...

 

最新の2019年01月16日に発表になった芥川賞は、

なんとダブル受賞!そんなのあるんですね。

上田岳弘(うえだたかひろ)の「ニムロッド」

町屋良平(まちやりょうへい)の「1R1分34秒」

という作品のようです。

 

直木三十五賞、通称直木賞(なおきしょう)とは

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞

かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々ある。直木三十五賞Wikipedia

直木賞は、

大衆小説作品で、無名・新人・中堅

ですか。たまに大御所と。

最新の2019年01月16日に発表になった直木賞、

2018年下半期(第160回)は、真藤順丈(しんどうじゅんじょう)の「宝島」

という作品です。

 


それぞれの創設は同じ

大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。

そうか。

創設は同じ人によるもので、

同じタイミングでスタートしたんですね。

 

まとめ、年に2回発表される文学賞。

そもそも直木三十五賞のことを、

通称「直木賞」と呼んでいたことすら知りませんでしたよ。

 

なるほど、年に2回選考される文学賞なんですね。

ぼくはそれすら知りませんでした。笑

 

なんとなーく年1回かなーくらいに思っていたので、

「あれ?この前発表してなかった?」…って思う年も時々ありましたね。

 

これで半期に一度の芥川賞、直木賞のニュースをもっと楽しめるようになりましたよ。

 

読書管理、ログ、記録サービスのブログ記事を書いた時に作成したアイキャッチ画像
読書家は読書管理・ログ・記録を残して賢くなった歴史を紡ごう!おすすめサービスまとめ読書は好きですか? 「ぼくは好きです!」 ぼくはそんなに本を読むペースは早くないのですが、 自分なりに読んだ本を記録し...

 

ABOUT ME
アバター
Brave
Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。レベル上げする人の味方です。日本の東京に住んでいます。まずは世界の前にぼくを救ってるよ。ブログは読書と健康・回復系が多め。好きなYouTuberはラファエルとメンタリストDaiGo。フォローやシェアしてくれたら嬉しいです。