【書評】LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―、読了。【感想】

おはようございます。Braveです。

LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―

を読みました。著者は高城剛さん。2016年。前作のLIFE PACKING2.0も読みました(2013年)。

この人はすごいですね〜、家を持たずに世界中を旅して仕事しながら飛び回って生活しているんですって。

いろいろな国でパソコンで出来る仕事を請けたり、時間と場所が捕まれば取材に応じているそうです。笑

もう言ってしまえば、この人の住処は「地球」ですね。

羨ましいです。笑

そんな人が身軽になろうとしつつ、自分に必要なモノ「だけ」を選びぬいたアイテムが解説されている本書。

とても楽しく読むことができました。

なにを選択して、なぜそれをチョイスしたのかが描かれていて、ワクワクしてきます。

ガジェットや健康に関心のある人は読んで「自分もこれを持って旅に出たいなあ」と、楽しめること請け合いです。

テクノロジーと言葉と仕事のクオリティーをクリア出来れば、この人のように場所に縛られずに済むのではないかと思うと、挑戦したくなりますね。

Follow me!

braveの猫メガネのアイコンなんと この記事を 書いた Brave(ブレイブ)が おきあがり

なかまに なりたそうに こちらをみている!

なかまに してあげますか?

Twitterで フォローする!

Instagramで フォロー する!

 

関連記事

【書評】村上春樹さんの「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編」読み応えありま...

【書評】約束のネバーランド1巻すごい面白い!そりゃネットでも好評価ですよ。【感想...

日本のマンガ雑誌くらげバンチで連載の信濃川日出雄の山と食欲と私第1巻

マンガ「山と食欲と私 1巻」で登山と、登山中の食事の予習をしよう!【感想】

【書評】桐野夏生の優しいおとな、読了。【感想】

【書評】BLUE GIANT1巻、読みました。【ネタバレあり】

【書評】持たないヤツほど、成功する【感想】