Book

Kindleキッズモデルは大人も楽しい。設定や注意点、レビュー。ドラえもんや歴史・偉人伝を読みまくろう

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

Amazonの電子書籍リーダー、

Kindleキッズモデルを買ってみました。

設定してみて気づいた注意点や、

メリットデメリットなど書いていきます。

見つけた作品についてもちょっとふれています。

 

Kindleキッズモデルは

FreeTime unlimited(フリータイムアンリミテッド)

という読み放題プラン1年間が含まれていて、

1年間追加料金なしで読めるというのが売りの品です。

ドラえもんや名探偵コナン、

さらにハリーポッターなどの名作を読むことが出来ます。

前からiPhoneでKindleを読んでいたんですが、

児童書読み放題とKindleアカウントの切り替えをして

普通のKindleとしても使うことが出来て

便利です。

 

 

開封、梱包は簡素だけど十分

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

Kindleキッズモデルが届きました。

ものすごくシンプルな梱包で送られてきましたが、

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

商品は無事です。

(余談ですが、Amazonが商品よりもかなりデカいダンボールで

届けてくるのは細かい商品の紛失防止のためって聞いたことがあります。真偽は不明)

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

保護フィルムを同時購入しました。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

表。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

裏。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

開けるとなんかカッコいい。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

箱の中身は、

・Kindle本体

・キッズカバー(スペースステーションカバーを選びました)

・説明書

・充電用USBケーブル(MicroUSB2.0)

です。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

USBケーブルはMicroUSBケーブル2.0です。

 

同時に買った保護フィルムが貼るのめっちゃムズい

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

一緒に買った保護フィルムです。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

2枚入っています。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

こいつに貼っていくわけですが…

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

まあムズい。空気が中に入ってしまったので自前のクロスで押し出そうとするも…

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

完璧にはいかなかったです、ザ・不器用。

 

スマホクリーナーやメガネ拭きの最適解!大判マイクロファイバーのDABLOCKSクリーニングクロスが8枚入でコスパが良いのブログ記事のために作成したアイキャッチ画像
スマホクリーナーやメガネ拭きの最適解!大判マイクロファイバーのDABLOCKSクリーニングクロスが8枚入でコスパが良い一日中スマホに触れているアナタ、画面の指紋ベタベタに困っていませんか? コスパの良いクリーナーを探していませんか? ...

 

設定、アカウント登録で困ったら二段階認証を疑うべし

保護フィルムを貼ってから、いよいよ電源をオン。

ですがその前に注意点を書いておきます。

初期設定でうまく登録というかアカウント同期が出来なかった場合は、

Amazonの2段階認証を無効にするといいかも。

「アカウントサービス」→「ログインとセキュリティ」→

「2段階認証の設定」を「編集」→「無効化」

から設定出来ます。

無事設定が出来てFreeTime unlimitedのホームまでたどり着けたら

再び2段階認証をオンにすることをおすすめします。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

①言語を設定

Kindleキッズモデル内での言語を決めます。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

②Wi-Fiに接続

Wi-FiのSSID情報やパスワードを入れてWi-Fiにつなぎます。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

③Kindleの登録

ここでAmazonのアカウントとリンクするように設定するのですが、

「既存のAmazonアカウントを使用」でうまく行かない人は

さっきの注意点を参考にしてください。2段階認証を無効でいけるかもしれないです。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

④子ども用プロフィールをセットアップ

FreeTime unlimitedを使うための子ども用本棚を用意する感覚です。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

・名前・性別・生年月日を入力

ニックネームとかでOK。ぼくは本名のひらがなを入れました。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

・機能制限のPINを設定

子ども用本棚と大人用本棚を切り替える時のためにパスワードを設定します。

なんか間違って大人向けの有料の本を爆買い・爆読みでもされたらやっかいですからね。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

ここまでくれば、あとはカンタンな画面の操作方法の説明が出てきて、

初期設定はおしまいです。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像 Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像 Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像 Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像 Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

Kindleキッズモデルのホーム画面までたどり着きました。

 


ラインナップ、ドラえもん・名探偵コナン・歴史など

ハリーポッターなどの名作で集客しようとしているのがうかがえる

KindleキッズモデルのFreeTime unlimited。

それがわかっていても、未読の名作をいろいろ読みまくれるという

メリットはかなりデカイ。

子供ももちろん楽しめるし、

学びなおしたいという向上心満点な大人もアリだと思います。

 

FreeTime unlimitedラインナップに関してですが、

ぼくが昔好きだったものを中心にいくつか探してみました。

 

【見つけたもの】

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

・ドラえもん(電子版、1冊に3話程度が15巻)

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

・「10ぴきのかえる」シリーズ(全作品かはわかりません)

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

・「ズッコケ3人組」シリーズ(一部の作品のみ)

他、ハリーポッターなどなど

 

【見つからなかったもの】

・はらぺこあおむし

・100万回生きたねこ

・おふろだいすき

・「ねむいねむいねずみ」シリーズ

・「エルマーの冒険」シリーズ

・「やかまし村」シリーズ

 

…まあそもそも電子書籍になってないとかもあるでしょうけどね。

 

※このFreeTime unlimited対象作品情報は、

2020年03月時点のものです。

 

ぼくが考える、おすすめ検索ワード

検索をすると、その時点でFreeTime  unlimitedの対象になっている作品が

ダウンロードして読めるわけですが、

 

ぼくが良いと思う検索ワードを書いておきます。

「ドラえもん」…はい、鉄板です。

Amazonとしてもドラえもんが読めるというのは大きなウリの要素でしょう。

1冊に3話前後が収録されているとしても、15巻あれば

最低45のストーリーはドラえもんを楽しめる計算になります。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

「コナン」…これもまあ鉄板。

ヒットするのは名探偵コナンの劇場版の、

小説です。

もちろん文章で、白黒です。

そこは注意です。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

「歴史」…小学生も読みやすい平易な文章で

歴史が学べます。一時期、学校の図書館でドハマリしたっけなあ。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

「図鑑」…恐竜の図鑑などがヒットしました。

今の所ラインナップが多いわけではなかったですが、

それでも複数のジャンルがあるのはいいです。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

「岩波」…岩波少年文庫がいくつかヒットします。

三国志や星の王子さまなど。

ぼくが好きな、やかまし村シリーズはヒットせず。

 

Amazonのkindle(キンドル)キッズモデルを買った時の設定や注意点などについてブログに書いた際に用意した画像

「ヨシタケ」…ヨシタケシンスケさんの絵本、人気ですよね。

「りゆうがあります」のみヒット。

それでも、読めるだけでごっつぁんですねえ。

なにか理由があるんでしょう。

 

※このFreeTime unlimited対象作品情報は、

2020年03月時点のものです。

 

アカウント切り替えで子供モードと大人モード(FreeTime unlimitedとKindle&Kindle unlimited)

今回のKindleキッズモデルは、

普通のKindleとしても使うことが出来ます。

FreeTime unlimitedとKindle(Kindle unlimited)の切り替えがラクに出来るんです。

(この切り替えは面倒な2段階認証とかないです)

 

キッズモデルが届いた時に設定したのは

FreeTime unlimited

子供向けの本の読み放題。

 

ぼくはもともとKindleのアカウントを使い倒していました。

Kindle Unlimitedという、月額980円の読み放題プランで

左ききのエレンを読んだり。

ビジネス書やマンガも単品やまとめ買いで結構読んでました。

 

その溜め込んだ作品たちを、

Kindleキッズモデルで読むことが出来ます。

 

子供モードの本棚と

大人モードの本棚を自由に行き来出来るのは便利。

白黒だけど。

子供向けの本の読み放題プランと、

大人向け(全年齢向け?)の読み放題プランで

子供の頭脳と大人の頭脳、どっちも持てます。

言い過ぎた。けど便利です。

(子供モードと大人モードという呼び方はぼくが勝手に言ってます。)

 

まとめ、大量の本を片手で持ち歩けて便利

Amazonの電子書籍リーダー

Kindleキッズモデル

という端末を買ってみた話でした。

 

デメリットというか注意点は、

・そもそも似たような名前が多すぎる。(ちょっとこんがらがる)

・Amazonのアカウントに登録というか同期する初期設定で困ったら、

2段階認証を無効にする

(済んだら2段階認証を再びオンにするのが良いと思います、セキュリティ上)

全部白黒。カラーではない。

・Wi-Fiが使えない状況だと端末にダウンロード済の作品しか読めない。

(事前にWi-Fi環境でダウンロードしてすぐ読めるようにしておけばOK)

…くらいでしょうか。

 

子供向け作品の読み放題が、

FreeTime unlimited(フリータイムアンリミテッド)

 

大人や全年齢向け作品の読み放題が、

Kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)

です。

 

ぼくは結構気に入ったので、

ガシガシ使い込んでいこうと思います。

バッテリーも4時間充電で最大4週間とかなり保つし、目に優しいです。

 

翻訳機POCKETALK SポケトークドラえもんEdition 特別セットが届いたので開封する話をブログに書いた際に用意した画像
【使い方・開封】ポケトークSドラえもんEdition特別セットを購入。マイクの精度がすごい予約注文していた 翻訳機POKETALKポケトークS ドラえもんEdition 特別セット が我が家に届きました! ...
GMOとくとくBBのWi-FiからDMが来て端末代金無料で機種変更して契約期間を延ばした話をブログに書いた時に用意した画像
GMOとくとくBBでWi-Fi生活。まんまと機種変更キャンペーンにつられた話GMOとくとくBBのポケットWi-Fiが、わりと気に入っています。 安くて有名なプロバイダです。ネットも速いと思います。 機...
kindleunlimitedで読み放題の左ききのエレン1巻の表紙と天才になれなかった全ての人への文字
左ききのエレンは名言だらけで熱くなれる。Amazonのkindle unlimitedで原作版は読み放題!Brave(@Bravebureibu)です。 かっぴー原作のマンガ、 左ききのエレンという作品が、一時期やたら人気がありま...
メンタリストDaiGoのYouTubeで紙の本と電子書籍の知識の定着率について放送されていたのをブログに書いた際用意したアイキャッチ画像
読書家のメンタリストDaiGoが言うには、紙の本vs電子書籍はほぼ決着がついたらしいよメンタリストDaiGoさんのYouTubeですごく気になる放送がありました。 ずばり、紙の本と電子書籍どちらが理解度が高いのか! ...
ABOUT ME
アバター
Brave
Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。レベル上げ・自分磨きする人の味方です。日本の東京に住んでいます。人生というゲームを楽しんでいます。ブログは読書と健康・回復系が多め。最近YouTubeをめっちゃ見てます。好きなYouTubeはラファエルとメンタリストDaiGo。フォローやシェアしてくれたら嬉しいです。《装備》読書の剣/筋トレの鎧/血流の盾/ 継続の兜