Book

村上春樹の作品、最初の一冊におすすめ5選

村上春樹(むらかみはるき)さんの著書はお好きですか?

読書が好きな人なら、

一度は村上春樹さんの名前は耳にしたことがあるかと思います。

世界の「Haruki Murakami」とか言われたりしますもんね。

翻訳家としても活躍する彼の作品をまだ読んだことないって方のために、

最初に一冊読むならこれがおすすめ!

って本を5作品選びました。ネタバレなしです。

すでにいっぱい読んでる人は、

「えー!あの作品が入ってない!」とか

「なんでこれを最初にすすめるんだ!」とかあるかもしれませんが、

まあリラックスして見てって下さい。

 

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年[2013]

 

多崎つくるは高校時代、4人の友人といつも行動を共にしていた。5人は名古屋市の郊外にある公立高校で同じクラスに属していた。友人4人はいずれも地元の大学に進むが、多崎は東京の工科大学に進んだ。色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年Wikipedia

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

2013年の作品。2015年に早くも文庫化されています。

主人公「多崎つくる」の高校時代の回想などが多く、ページ数も長すぎず短すぎずといった長さです。

あとは…、この作品は結構クセが強いです。

受け入れられる人とそうでない人がいると思われます。

この作品が大丈夫なら、

きっと村上春樹さんの作品がほぼ大丈夫だという狙いで、

はじめに紹介しました。笑

 

風の歌を聴け[1979]

絶版になったままのデレク・ハートフィールドの最初の一冊を僕が手に入れたのは中学3年生の夏休みであった。以来、僕は文章についての多くをハートフィールドに学んだ。そしてじっと口を閉ざし、20代最後の年を迎えた。風の歌を聴けWikipedia

1979年発行。

村上春樹さん第1作目の長編小説です。

「やっぱり最初から読むなら最初の作品から読むでしょ!」という

一本筋が通っているあなたに。

 

 


スプートニクの恋人[1999]

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。恋に落ちた相手はすみれより17歳年上で、既婚者で、さらにつけ加えるなら、女性だった。相手の女性の愛称は「ミュウ」といった。小学校の教師である「ぼく」は大学在籍中にすみれと知り合い、以来すみれに恋をしていた。「ぼく」にとって長いあいだすみれしか存在しないのも同じだった。

スプートニクの恋人Wikipedia

「スプートニクの恋人」

1999年の作品。2001年に文庫化。

これを最初の一冊にするのはどうかな?って感じのクセのあるものを、

あえてストーリーの長さを考慮して選びました。

あらすじで惹かれるようなら、それは運命の出会いかもしれません。

 

アフターダーク[2004]

時刻は真夜中近く。彼女はずいぶん熱心に本を読んでいる。様々な種類の人間が深夜の「デニーズ」で食事をとり、コーヒーを飲んでいるが、女性の一人客は彼女だけだ。

アフターダークWikipedia

「アフターダーク」

2004年の作品。

なかなか不思議度が高いです。けれど、引き込まれるのがこれまた不思議なところ。

真夜中から始まる冒頭って、わりと珍しい。

 

ノルウェイの森[1987]

37歳の僕は、ハンブルク空港に到着した飛行機のBGMでビートルズの「ノルウェーの森」を聴き、激しい混乱を覚えた。そして学生時代のことを回想した。

ノルウェイの森Wikipedia

「ノルウェイの森」

こちらは1987年の作品。

2010年に映画化されたのが、「ノル森」なんて略し方で人気を博していました。キャストもよかったです。

映画も見ましたが、ぼくは原作の小説の方が好みでした。

 

 

 

ちなみに僅差で落選「騎士団長殺し」

騎士団長殺しという作品があります。

そっちも最初の一冊にありかなぁ〜と少しよぎったんですが、

今回は落選しました。笑

・上下巻のストーリーで、しかもとても長い

・最初に読むにしては異世界感が強い

という理由からです。

作品自体は面白いので、機会があれば読んでみて下さいね。

 

 

村上春樹の著作の新潮社から2017年02月25日に出版された騎士団長殺し上巻第1部顕れるイデア編の表紙画像
【ネタバレあり】村上春樹さんの「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」を読んだ【感想】村上春樹さんの騎士団長殺し、第1部の感想です。面白いかもれないし、面白くないかもしれない。...

 

村上春樹さんの「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編」読み応えありました。【ネタバレなし感想】村上春樹さんの騎士団長殺しの第2部の感想です。また面白い小説を読み終えてしまった。やれやれ。...

 

まとめ、SFっぽくて、言葉選びが独特で、主人公がオシャレでモテるのが好きならきっとOK

 

ぼくの中で村上春樹さんの作品を説明する上でのイメージが、

・オシャレな描写

・SFみたいな不思議

・言葉選びが独特

・主人公がモテる

…この4つは外せない要素となっています。

ぼくから見て、こういう世界観のものが多いと認識している。

では、実際のところはどうだろうか。

そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

気になった方は、試しに読んでみてほしい。

 

芦田愛菜の本まなの本棚の感想を書いたブログのために用意した画像
芦田愛菜の本「まなの本棚」を読みました。知識の聖地巡礼が楽しい【ネタバレなし感想】芦田愛菜さんのまなの本棚を読みました。小学館から出ている作品で、おすすめ本も約100冊載っています。読書好きがさらに加速します。山中伸弥教授や辻村深月さんとの対談もあり。...
本と鍵の季節(米澤穂信の著作、集英社)を読んだ感想をブログに書いた際用意した画像
【ネタバレなし感想】本と鍵の季節(米澤穂信/著 集英社)という推理小説を読みました。図書室が舞台のミステリーです。本と鍵の季節という作品を読みました。米澤穂信(よねざわほのぶ)さんの著作。集英社から出てます。タイミングよくサイン本を手に入れることが出来たし、面白かったので大満足の作品です。...
東野圭吾の著作マスカレードホテル文庫本の表紙画像
【原作】マスカレード・ホテル(東野圭吾)感想。サプライズとおもてなしがすみずみまで行き届いた作品でした【ネタバレなし】東野圭吾のミステリー小説、「マスカレード・ホテル」を読み終えました。物語の舞台は高級ホテル。主人公は様々なお客様へ接遇サービスをしながら、事件解決に動きます。...
伊坂幸太郎の2018年の著作、フーガはユーガ(実業之日本社)の表紙
「フーガはユーガ」を読了。【あらすじのみバレ、ネタバレなし】連想した四字熟語と共に感想。伊坂幸太郎さんはやっぱり面白い伊坂幸太郎さんの「フーガはユーガ」の感想。本屋大賞2019にノミネートされた作品です。...
ABOUT ME
Brave
Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。レベル上げ・自分磨きする人の味方です。日本の東京に住んでいます。人生というゲームを楽しんでいます。ブログは読書と健康・回復系が多め。知りたいこと、知って良かったことなどを書いてます。フォローやシェアしてくれたら嬉しいです。《装備》読書の剣/筋トレの鎧/血流の盾/ 継続の兜《最近欲しいもの》美肌