【感想】イラストレーター鈴木みきさんのぐるぐる山想記を読了。登山したくなりました。【書評】

交通新聞社から出版された、イラストレーター鈴木みきの著書鈴木みきのぐるぐる山想記の表紙

Brave(@Bravebureibu)です。

イラストレーターの鈴木みきさんの2018年の著書、

「鈴木みきのぐるぐる山想記」を読みました。

ゆったりとした気分で読める本です。

登山の予定が雨で中止〜……なんて時なんかに、

エネルギーチャージとしていかがでしょうか。

以下、書評です。若干のネタバレあります。ご了承ください。

ほんわかして読みやすい

まずは鈴木みきさんのイラストと語り口がすごくほんわかしていて、

すいすい読めます。

それでいて、山小屋で働いたこともあるという鈴木みきさんの山屋としての

キャリアが説得力を持たせます。

この人のあるあるネタは、本当に登山すると「あるあるー!」ってなることばかり。

多くの実践を積んできた経験談が奥深いです。

 

まずは「自然」について。

第一章はどストレートに「自然はすごい」

となっています。

鈴木みきさんの実践のごく一部ですが、体験談や自然について想われていることを

書かれています。

 

山道具についても書かれています

登山の楽しみといえば、行動食やお弁当だ!!

…という登山家は多いと思います。(というかほとんどみんな?)

たくさんの食糧を数日前から考え、パッキングしていくのは楽しいものです。

そこでふと気づくのが、ザックのキャパシティ。

何を持っていき、何を置いていくのか工夫するのも

ある意味登山の醍醐味です。笑

さらにキャパシティとファッション性は必ずしも比例しません。

これがまた面白いのです。

 

 

おすすめコースや見どころについても触れています

山のエキスパートの鈴木みきさんがおすすめや気をつけて進むべきポイントを

いくつか紹介してくれています。

「この道は景色がずっとキレイ!」

「この山小屋はこんなメニューが定番!」

なんて書かれていると、そそられますね。

「ここからここまで、だいたい何分」という情報もありがたいです。

実際に登ってみたくなります。

 

まとめ、「山を想う」ことが好きなら買い!

 

山は色んな表情があり、土地によって、四季によって様々な姿を見せてくれます。

そんな大パノラマかつ顕微鏡のような山を探検する時、

人はたくさんの考え事をします。

他の人が登山をしたがらどんなことを考えているのか、考えてしまうのか。

山屋の思考回路あるあるを垣間見ることが出来る本です。

 

 

Follow me!

braveの猫メガネのアイコンなんと この記事を 書いた Brave(ブレイブ)が おきあがり

なかまに なりたそうに こちらをみている!

なかまに してあげますか?

Twitterで フォローする!

Instagramで フォロー する!

 

関連記事

【書評】桐野夏生の優しいおとな、読了。【感想】

日本のマンガ雑誌くらげバンチで連載の信濃川日出雄の山と食欲と私第2巻

マンガ「山と食欲と私 2巻」で、ますます登山がしたくなりました【感想】

NO IMAGE

【書評】LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―、読了。【...

【書評】持たないヤツほど、成功する【感想】

フランシスハーディングの単行本嘘の木

【書評】「嘘の木」フランシス・ハーディング【感想】

前田裕二の著書、人生の勝算のkindle電子書籍表紙

【書評】SHOWROOM株式会社社長の前田裕二さんの著書、「人生の勝算」を読みま...