【書評】脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術、読了。【感想】

Braveです。

やっと購入出来ました。神・時間術。

この「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術」という本がここのところずっと気になっていまして。

なかなか読む余裕がないと言い訳して書店で何度もスルーしてしまいました。

、、、早く読めばよかったです。笑

 

ぼくらは一日に出来ることが限られています。なんせ24時間しかないから。

しかも体内時計ってものがあって、自然の摂理で眠くなったりして判断力が鈍くなる時間帯が存在します。

こちらの本は、おはようからおやすみまでをどのように過ごしたらパフォーマンスが最大になるのか、という内容です。

なんと著者の方、2年かけて書いてます。確かに凝縮されていました。

そもそもの「おはよう」はいつにすべきか、起きたらどう動くと良いのか、またそれはなぜか。

時間が足りないと感じているビジネスパーソンは必読です。

 

Follow me!

braveの猫メガネのアイコンなんと この記事を 書いた Brave(ブレイブ)が おきあがり

なかまに なりたそうに こちらをみている!

なかまに してあげますか?

Twitterで フォローする!

Instagramで フォロー する!

 

関連記事

フランシスハーディングの単行本嘘の木

【書評】「嘘の木」フランシス・ハーディング【感想】

村上春樹の著作の新潮社から2017年02月25日に出版された騎士団長殺し上巻第1部顕れるイデア編の表紙画像

【ネタバレあり】村上春樹さんの「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」を読んだ【...

【書評】BLUE GIANT1巻、読みました。【ネタバレあり】

浅生鴨さんの著書伴走者糸井重里絶賛

【書評】伴走者を読みました。【感想】

【書評】桐野夏生の優しいおとな、読了。【感想】

日本のマンガ雑誌くらげバンチで連載の信濃川日出雄の山と食欲と私第1巻

マンガ「山と食欲と私 1巻」で登山と、登山中の食事の予習をしよう!【感想】