Book

左ききのエレンは名言だらけで熱くなれる。Amazonのkindle unlimitedで原作版は読み放題!

kindleunlimitedで読み放題の左ききのエレン1巻の表紙と天才になれなかった全ての人への文字

Brave(@Bravebureibu)です。

かっぴー原作のマンガ、

左ききのエレンという作品が、一時期やたら人気がありました。2016〜2017年くらいにものすごく騒がれました。

 

ぼくは完全に後発ですが、Amazonのkindle unlimitedで読み放題で読めることを知り、

まずは1巻をダウンロード。

 

イッキ見してしまい、しかも繰り返し読み込んでしまいました。

このマンガには魔力がありますね。熱いし。

正直やみつきです。

 

デザイナーが主人公、高校時代の美術部員からスタート

物語は美術部員が自分のデザイン力を信じて、デザイン会社につとめて邁進していくというお話です。

自分よりアーティスティックな絵を描く、ライバル的な存在が登場します。

ライバル的友人に憧れながらも仮想敵として、

 

「あいつならきっとこうする」「あいつならきっとこのくらい…」

 

「ちくしょう!」

…って感じです。笑

NARUTOのナルト&サスケみたいな関係。

スラムダンクの桜木花道&流川楓みたいな感じです。

 

 

群像劇で、時代も行ったり来たりします

魅力的なキャラクターが多数登場します。

群像劇みたいなストーリー展開なので、主人公がメインの回や、ライバルがメインの回などもあります。

 

高校時代、会社員時代、ニューヨーク時代など、時間軸も飛んで戻ってを繰り返します。

それがたまらなくいい。

 

名言も多いし、「あっ!こいつはあの時出てきたあいつか!」って感じで、伏線がいっぱいです。

 


左利きじゃなく左ききが正しいタイトル表記

閑話休題。

予測変換とかで左ききのエレンと打とうとすると「左利き」と表示されますが、

正しくは「左きき」です。

しかもエレンと聞くとどうしても進撃の巨人の主人公を連想してしまいますが、まったく別です。

 

絵が気に入らなければ、リメイク版もあります

ぼくは原作版が好きなんですけど、絵が汚すぎたからでしょうか、

ジャンプコミックスから「リメイク版」なるものが発売されています。

こっちは有料。

ほんの少しだけ、名言紹介

1巻「名前は  まるで呪いだよ――」

 

1巻「何か…!!!何かにならなきゃ… 退屈で…退屈で… 生きていけねぇよ…」

 

2巻「そこは腕の見せ所でしょ クリエイティブの」

 

これ、マジでほんの一部です。というかこんなもんじゃないです。笑

 

けど、ネタバレしたくないのでだいぶおさえました。

ここらへんのセリフにピンと来る人は、きっと読んで面白いですよ。

 

 

冒頭の「天才になれなかった全ての人へ」 から、魔力

 

誰しも「自分には可能性がある」

「やれば出来る」

「本気出せば何者かになれる」

といった感情がある、あったはず。

(中二病ともいうかもしれない)

 

 

左ききのエレンは、冒頭「天才になれなかった全ての人へ」という一文からスタートします。

もうこの時点で、「おっ?!なんだ?!」って前のめりになります。

 

そっからは早いですよ。だって読み放題だもん。笑

絵がヘタクソだと思われるかもしれませんが、それも物語が進むにつれてだんだんと改良されていきます。それがまたいい。

主人公の成長にリンクしているかのようです。

 

 

山口つばさのマンガブルーピリオドの感想を書いたブログ記事のために作成したアイキャッチ画像
【ネタバレなし】山口つばささんの「ブルーピリオド」(アフタヌーンコミックス)が面白い!【感想】ブルーピリオド(山口つばさ)の第1巻を読みました。 講談社のアフタヌーンで連載されていた作品。 一時期やたら話題とな...
【書評】BLUE GIANT1巻、読みました。【ネタバレあり】Brave(ブレイブ)です。 この記事はネタバレありの書評です。 石塚真一さんの「BLUE GIANT1巻」を読みました。 ...
ストイックなギタリストMIYAVIの著書、何者かになるのは決してむずかしいことじゃないの表紙画像
【書評】ストイックなギタリストMIYAVIの著書「何者かになるのは決してむずかしいことじゃない」を読了。文章でもアゲてくれる人です Brave(@Bravebureibu)です。 先日買ってきた ギタリストMIYAVIの著書、 「何者...

 

ABOUT ME
アバター
Brave
Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。レベル上げする人の味方です。日本の東京に住んでいます。まずは世界の前にぼくを救ってるよ。ブログはほめまくりの書評と回復系が多め。フォローやシェアしてくれたら嬉しいです。