【ネタバレ感想】有村架純さん主演の映画「コーヒーが冷めないうちに」を見に行きました。

braveの猫メガネのアイコン

Brave(@Bravebureibu)です。

 

東京のTOHOシネマズ日比谷に行って、

有村架純さん主演の映画「コーヒーが冷めないうちに」

を見てきました。

タイムスリップのストーリー。だけどルールが…めんどくさい!

 

物語の舞台は喫茶店「フニクリフニクラ」。

この喫茶店のある席に座って、コーヒーを飲むとタイムスリップが出来る…

だけど、ルールがたくさんあって、めんどくさい。

有村架純さんが演じる店員、時田数(ときたかず)が淹れたコーヒーを飲まなきゃダメ。

コーヒーが冷めきるまでに飲み干しさないと戻れなくなる。

etcetc……

劇中でも言われてますが、めんどくさい。笑

 

有村架純さんって…やっぱりかわいいなあ

 

この人は邦画「SPEC」の婦警さん役で知ったのがたしかはじめてだったと思います。

顔がデカいとか太ったとか言われてますが、なんだかんだかわいいと思います。

「映画館で映画見よう。今日は映画何見ようかな〜、久しぶりに有村架純さんの演技でも見るか」

…って軽く決めて今日は「コーヒーが冷めないうちに」を見ることにしました。笑

木村拓哉さんと二宮和也さんの「検察側の罪人」も上映中でしたが、先に思い浮かんだのが

「コーヒーが冷めないうちに」でしたので、今回はパス。

 

伊藤健太郎さんって人も、カッコいい

時田数と仲良くなっていく大学生、新谷亮介を演じた伊藤健太郎さんは初めて

知ったけどカッコよかったです。

こんな正統派のカッコいいキャラクター、現実にはなかなかいないぜ?!

なんてツッコミながら見てました。

マスター役の深水元基さんどっかで見たことあると思ったら

 

喫茶店「フニクリフニクラ」のマスターを演じていた深水元基(ふかみもとき)さん、なんか見たことあると思ったら

アレだ、邦画「新宿スワン」で綾野剛さんの上司の役の人ですね。ジャイアンみたいなキャラクターを演じてた人だ。

「コーヒーが冷めないうちに」の中ではずいぶん温和なキャラでした。

タイムスリップが好きな人は見て損はなし

 

最後まで鑑賞して、「見てよかった〜」と思える作品です。

たまに「泣けた」「泣けない」と感涙するかどうかで映画を判断する人がいますが、

そりゃどっちでもいいのです。

現実には不可能な、タイムスリップのストーリーですから、

「あの時ああしておけば…」という後悔や選ばなかった選択にまつわるストーリーです。

そして、未来は現在を変えれば変えられる。

ぼくは映画館で見ていて、効果音やBGMの音に感動しました。

タイムスリップの時間切れがせまるシーンで「ああ早くしないとーー!」って焦るタイミングで、絶妙な音が流れてつのる緊迫感。

間に合った時の安堵。

やや結末が読みやすいストーリーなんですが、ぼくは音にやられてしまいました。

前半無機質の石田ゆり子さんも鳥肌たちますよ。笑

見てよかったです!

 

Follow me!

braveの猫メガネのアイコンなんと この記事を 書いた Brave(ブレイブ)が おきあがり

なかまに なりたそうに こちらをみている!

なかまに してあげますか?

Twitterで フォローする!

Instagramで フォロー する!

 

関連記事

日比谷の映画館TOHOシネマズ日比谷エントランス

【映画】日比谷に新しく出来た映画館TOHOシネマズ日比谷に行って、デッドプール...

【映画】映画館で「世界でいちばん美しい村」を見ました。【感想】