Book

桐野夏生の優しいおとな、読了。【感想】

桐野夏生の「優しいおとな」という文庫本を読みました。

このお話は、「ありえないけどありえそうな日本」のお話。

フィクションのはずなのに、このお話に出てくる場所が実在するんじゃないかと考えてしまう。そして、そうなってしまったらキツイなと考えてしまう。

子供と大人の境界線なんてない。それぞれがどのくらいの割合で配合されているかのグラデーションだとぼくは思っている。

どれだけ周りの人を慈しむことが出来るか。そんな心をもつためには、何を見て何を感じてこれからすごせばいいのか。そんなことを考える。

 

このお話は、「ありえないけどありえそうな日本」のお話。

 

伊坂幸太郎の2018年の著作、フーガはユーガ(実業之日本社)の表紙
「フーガはユーガ」を読了。【あらすじのみバレ、ネタバレなし】連想した四字熟語と共に感想。伊坂幸太郎さんはやっぱり面白い伊坂幸太郎さんの「フーガはユーガ」の感想。本屋大賞2019にノミネートされた作品です。...
東野圭吾の著作マスカレードホテル文庫本の表紙画像
【原作】マスカレード・ホテル(東野圭吾)感想。サプライズとおもてなしがすみずみまで行き届いた作品でした【ネタバレなし】東野圭吾のミステリー小説、「マスカレード・ホテル」を読み終えました。物語の舞台は高級ホテル。主人公は様々なお客様へ接遇サービスをしながら、事件解決に動きます。...
芥川賞を受賞した、村田沙耶香のコンビニ人間の文庫版
【感想】村田沙耶香さんの「コンビニ人間」読了。おぞましくて美しい…話題になったコンビニ人間を読みました。身近に存在するコンビニが舞台の作品、ありそうでなかった。...
YouTuberラファエルの自伝無一文からのドリームを読んだ感想を書いたブログ記事のために用意した画像
ラファエル自伝本「無一文からのドリーム」を読んだ感想。ネタバレなし。壮絶な人生と強さの秘訣と源がわかるぞYouTuberラファエルさんの自伝を読みました。読書感想文です。幼少期から時系列で語られて、気になっていた自衛隊時代のことも多く書かれていたのですごく良かった。テンション上がりました。...
ABOUT ME
Brave
Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。レベル上げ・自分磨きする人の味方です。日本の東京に住んでいます。人生というゲームを楽しんでいます。ブログは読書と健康・回復系が多め。知りたいこと、知って良かったことなどを書いてます。フォローやシェアしてくれたら嬉しいです。《装備》読書の剣/筋トレの鎧/血流の盾/ 継続の兜《最近欲しいもの》美肌