【書評】桐野夏生の優しいおとな、読了。【感想】

桐野夏生の「優しいおとな」という文庫本を読みました。

このお話は、「ありえないけどありえそうな日本」のお話。

フィクションのはずなのに、このお話に出てくる場所が実在するんじゃないかと考えてしまう。そして、そうなってしまったらキツイなと考えてしまう。

子供と大人の境界線なんてない。それぞれがどのくらいの割合で配合されているかのグラデーションだとぼくは思っている。

どれだけ周りの人を慈しむことが出来るか。そんな心をもつためには、何を見て何を感じてこれからすごせばいいのか。そんなことを考える。

 

このお話は、「ありえないけどありえそうな日本」のお話。

 

 

 

Follow me!

braveの猫メガネのアイコンなんと この記事を 書いた Brave(ブレイブ)が おきあがり

なかまに なりたそうに こちらをみている!

なかまに してあげますか?

Twitterで フォローする!

Instagramで フォロー する!

 

関連記事

【書評】持たないヤツほど、成功する【感想】

前田裕二の著書、人生の勝算のkindle電子書籍表紙

【書評】SHOWROOM株式会社社長の前田裕二さんの著書、「人生の勝算」を読みま...

NO IMAGE

【書評】小さなお店&会社のWordPress超入門、読了。【感想】

ダイヤモンド社のふろむだの著書人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっているの電子書籍kindle表紙

【書評】ふろむださんの著書、人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まって...

NO IMAGE

【書評】LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―、読了。【...

日本のマンガ雑誌くらげバンチで連載の信濃川日出雄の山と食欲と私第1巻

マンガ「山と食欲と私 1巻」で登山と、登山中の食事の予習をしよう!【感想】