【書評】桐野夏生の優しいおとな、読了。

桐野夏生の「優しいおとな」という文庫本を読みました。

このお話は、「ありえないけどありえそうな日本」のお話。

フィクションのはずなのに、このお話に出てくる場所が実在するんじゃないかと考えてしまう。そして、そうなってしまったらキツイなと考えてしまう。

子供と大人の境界線なんてない。それぞれがどのくらいの割合で配合されているかのグラデーションだとぼくは思っている。

どれだけ周りの人を慈しむことが出来るか。そんな心をもつためには、何を見て何を感じてこれからすごせばいいのか。そんなことを考える。

 

このお話は、「ありえないけどありえそうな日本」のお話。

 

 

 

関連記事

読了、脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

赤坂双子のライオン堂のしししし

【書評】しししし1を読むと、読書が好きに、本屋が好きになれる気がする。

【書評】約束のネバーランド1巻すごい面白い!そりゃネットでも好評価ですよ。

【書評】BLUE GIANT1巻、読みました。【ネタバレあり】

NO IMAGE

読了、LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―

東京創元社の文庫本スタートボタンを押してください

【書評】スタートボタンを押してください を読了。