Book

【書評】桐野夏生の優しいおとな、読了。【感想】

桐野夏生の「優しいおとな」という文庫本を読みました。

このお話は、「ありえないけどありえそうな日本」のお話。

フィクションのはずなのに、このお話に出てくる場所が実在するんじゃないかと考えてしまう。そして、そうなってしまったらキツイなと考えてしまう。

子供と大人の境界線なんてない。それぞれがどのくらいの割合で配合されているかのグラデーションだとぼくは思っている。

どれだけ周りの人を慈しむことが出来るか。そんな心をもつためには、何を見て何を感じてこれからすごせばいいのか。そんなことを考える。

 

このお話は、「ありえないけどありえそうな日本」のお話。

 

伊坂幸太郎の2018年の著作、フーガはユーガ(実業之日本社)の表紙
「フーガはユーガ」を読了。【あらすじのみバレ、ネタバレなし】連想した四字熟語と共に感想。伊坂幸太郎さんはやっぱり面白いBrave(@Bravebureibu)です。 伊坂幸太郎の2018年の小説、 「フーガはユーガ」を読みました。 ぼく...
ABOUT ME
Brave
なんと この記事を書いた のら勇者Braveが なかまに なりたそうに こちらをみている! フォローして あげますか?