桐野夏生さんの本「優しいおとな」感想

桐野夏生の文庫本小説優しいおとなを読んだ感想をブログに書いた時に用意した画像

桐野夏生さんの「優しいおとな」という文庫本を読みました。

このお話は、「ありえないけどありえそうな日本」のお話。

フィクションのはずなのに、このお話に出てくる場所が実在するんじゃないかと考えてしまう。そして、そうなってしまったらキツイなと考えてしまう。

子供と大人の境界線なんてない。それぞれがどのくらいの割合で配合されているかのグラデーションだとぼくは思っている。

どれだけ周りの人を慈しむことが出来るか。そんな心をもつためには、何を見て何を感じてこれからすごせばいいのか。そんなことを考える。

このお話は、「ありえないけどありえそうな日本」のお話。

関連記事