Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)のブックカバー、おしゃれな革の文庫本サイズを見つけました。

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)のブックカバー、おしゃれな革の文庫本サイズを見つけました。というブログ記事を書いた時に用意した画像

ぼくはよく本を買います。

安い文庫本も電子書籍も、

いろいろなサイズの本を買って読書を楽しんでいます。

前々から書店で「ブックカバーかけますか?」「はい、お願いします」のやりとりが正直面倒でした。笑

そこで、

もういっそおしゃれなブックカバーを買ってしまえばいいじゃないかと。

自前のブックカバーを持ち歩けば、
本を買う時お会計で「カバー要りません」で済むじゃないかと思い立ちました。

物は試しということで、
今回は文庫本サイズのブックカバーを買いました。

SPONSORED LINK

革製のブックカバーが欲しかった

ブックカバーにもいろいろな素材がありますが、、

重視したのはなんといっても耐久性です。

ひとつのものを長く使いたいと思っていたので、
布製ではなくフェルト製でもなく、

革製のブックカバーを探しました。

リアル書店にも何店舗か探しに行きました。
ですが、

書店にちょこっとある紙製や布製ブックカバーは

ガシガシ使ってたらすぐに傷んでしまいそうな気がしてしまいました。

ぼくはわりと電車の中で読んだりするので、

バッ!と出してザッ!と仕舞えるように耐久性を気にしました。

実用性だいじ。

SPONSORED LINK

BUSINESS LEATHER FACTORY(ビジネスレザーファクトリー)というリーズナブルなメーカーを発見。

Amazonで探してみて、すんなり良さそうなのが見つかりました。
これです。

文庫本サイズ、ブックカバー。

開くと中はこんな感じ。

左下にはロゴが。
「BUSINESS LEATHER FACTORY」メーカー名です。
ビジネスレザーファクトリー。

「GENUNE LEATHER」とあります。

右側にはしおりを収納出来るポケットがあります。

実際に文庫本をインしてみました。うん。しっくりいい感じ。

斜め上です。

サイドです。

しおりもさしてみました。

本をよく見るとページの端っこに折れが見られました、、これはカバーは関係ないです。笑

これはぼくの普段の文庫本の扱いが雑すぎてカバーをつける前からの折れです。

ぼくみたいによく本の端っこを傷めてしまう人には特におすすめってことです。笑
今回買った色はピーコックブルーという色です。

ぼくが好きな浅葱色(あさぎいろ)にかなり近いです。

青と緑を混ぜた色。
サイトも見てみました。
Business Leather Factory

結構おしゃれでカッコいい革製品を色々作っているメーカーのようです。

品川とか川崎に実店舗があるのか。
ブックカバー以外にも革製品が豊富みたいで、
ちょっと行ってみたいです。

このブックカバーは本革、良い色、安い

安いわりにかなり品質が良かったです。
(ぼくが買った時は、Amazonで¥2158)

本革のいいニオイがします。

文庫本よりほんの少し大きいので、
落として本の端っこを傷めてしまわずにすみそう。

カラー展開も多めで色味がいい。
デイリーで持ち歩くものは、

自分が楽しいと思う色を持ちたいですからね。

これはいい買い物しました。

【追記】2018年12月30日の時点で、Amazonでは取り扱わなくなっているようです。

楽天では発見しました。自社サイトがあるからそっちに力入れてるのでしょうか。

追加購入したくなった時には、気をつけよう。

ビジネスレザーファクトリーのサイト。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
Brave

Brave

のら勇者⚔

読んでくれてありがとうございます。Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。未来に向かってレベル上げ・自分磨きする人の味方です。ブログは読書と健康・回復系が多め、主人公として修行中だから「ぼくらは冒険主行中」日本の東京に住んでいます。一人暮らし歴10年以上。体調管理とセルフコントロールを自画自賛してます。ぼくの人生ゲーム攻略の主人公で専門家。口コミや評判が良いおすすめレビューされてる作品やアイテムを実際にAmazonなどで買って使ってみたり感想書いたりもしてます。わかること、出来ることが増えるのは楽しい。調べ屋。試し屋。フォローやブックマーク、シェアしてくれたら嬉しいです。《装備》読書の剣/筋トレの鎧/血流の盾/ 継続の兜/進化の書《最近欲しい知恵ジャンル》美容・スキンケア、栄養、環境・サスティナブル・SDGs、防災、書店の未来、and more…

カテゴリー:
関連記事