【キャンペーン中最大50%OFF】ブログやるならConoHa WING!

マンガ「BLUE GIANT1巻」感想。ネタバレあり

ジャズコミックBLUE GIANT1巻の感想をブログに書いた時に用意した画像

石塚真一さんの「BLUE GIANT1巻」を読みました。

この記事はネタバレありです。

石塚真一さん…登山のマンガの「岳」の作者さんですね。

あの作品もとても良かったなあ…

ネタバレありの書評はここから

では、書いていきます。

BLUE GIANT(ブルージャイアント)は、登山マンガの「岳」の石塚真一さんのマンガです。

片田舎の高校生が世界一のジャズプレーヤーを目指していくマンガです。

初っ端から「オレは…ぜったいに…なる。」とつぶやきながら川原で練習するシーンから始まります。

学校の授業では寝てしまい、部活動のバスケに熱中する。その上友達想い。主人公はそんなキャラクターです。

そんな主人公が部活を引退してしばらくたったある日、ジャズと出会います。

そして毎日サックスの練習、練習、練習の日々。

1巻はひたすら練習ばっかりです。

一人で黙々と、我流で練習です。

ただ、目をみはるのは練習量がもんのすごい描写です。

ほんとに主人公、ジャズに、サックスにドハマりしてます。。

回を重ねるごとに、周りの応援してくれる人が少しずつ少しずつ増えていきます。

そりゃそうだ。だって熱意がハンパないもん。

しかも友達想いだし芯があるんだもん。そりゃ応援したくなりますよ。

もちろん演奏シーンも描かれているんですが、

音がないのに線が効果的に書かれていて勢いを感じます。

ひとコマひとコマ、重要なシーンの引きの距離感もとてもグッときますね。

これはねえ…アツいですよ。情熱のマンガですよ。

読むと、「自分ももっとこう…なんか目標持って、

それに向かってガーッとやんなきゃな!」みたいな気分になります。

モヤモヤしてる時に読むとスーッと晴れます。

何かに打ち込むってかっけーんだな。よし、ぼくも。

…ってなることうけあいです。

前々から人気があって、感動するって評判の作品です。

1巻を読んでみて情熱に感動し、納得しました。

これはイイ。

これはイイですぞ。

関連記事