岡本健太郎さんマンガ「山賊ダイアリー」1巻感想。実体験を元に描かれた狩猟の現場が垣間見えます

岡本健太郎のまんが山賊ダイアリー1巻表紙画像

Brave(@Bravebureibu)です。

 

山賊ダイアリーというマンガ、

ご存知でしょうか。

なんと狩猟のマンガ

猟師で漫画家の、

作者の岡本健太郎(おかもとけんたろう)さんの

日記風のストーリー構成になっており、

サブタイトルに「リアル猟師奮闘記」とあるところからして、

かなり岡本さんの実体験に即した内容が描かれています。

 

日記形式で、基本的にストーリーは時系列順

現役猟師、兼マンガ家。岡本健太郎(おかもと・けんたろう)による狩猟&ジビエ(野生肉)喰い実録日誌。ウサギの唐揚げ、カモのロースト、カラスの焼き鳥etc、山グルメ満載! 山で迷ったときの心得などサバイバル術も満載! 都会を離れ、故郷に戻った男は山に遊び、お気に入りの空気銃「エースハンター」と自作の罠を手に、今日も鳥や獣と勝負する。引用:山賊ダイアリー1巻Amazon

主人公は岡本健太郎さん本人。

狩猟をやっていい時期ってカレンダーでしっかり決まっていて、

解禁期間と禁止期間があるらしいです。

狩猟が解禁されていた時に猟をしましたよっていう表明もかねて

ストーリーの最初には日時が記されています。

まさにダイアリー。日記形式です。

 

SPONSORED LINK

亡くなった近所の猟師のおじいさんの影響を受け育つ

岡本さんが子供の頃、

近所にお住まいでよく遊んでくれていた「おじいさん」が猟師だそうで、

身近でいろいろなことを教わったといいます。

幼いころから「狩猟」という行為がそばにある生活をしてきたからこそ、

このように面白い作品が描けたというわけですね。

 

狩猟を体験しながら、失敗や銃を撃つ一瞬に思ったことをセリフに

狙っている動物の動きや習性、

狩猟をする時に気をつけなければならないことが

実体験や失敗談、セリフから大量にわかってきます。

 

また、捕らえた動物の捌き方や料理としての下ごしらえの様子もわかるので、

その体の構造なんかも勉強になります。

解説や説明の文章は比較的多いですね。

 

まとめ、狩猟の現場の空気感がわかるマンガ

いままで畑や狩猟といったことからは縁遠い暮らしをしてきたぼくにとって

まるで別世界の内容でした。

だからこそ、すごく勉強になります。

日本で猟とするための銃を持つには免許が要るとか、

カラスを焼いて食べるとどのような味がするとか。

 

いつか何かの縁で狩猟の免許をとって自分でチャレンジすることになったら

きっとこのマンガは心強い教科書みたいな存在となるはずです。

自分で狩猟をやるって人も、全然興味がないって人も、

きっと楽しめる内容です。

 

https://richterminal.com/wanagirl1jkdengeki/

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
Brave

Brave

のら勇者⚔

読んでくれてありがとうございます。Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。ブログは主に読書と健康・回復・栄養系について書きます。未来に向かってレベル上げ・自分磨きする人の味方です。主人公として修行中だから「ぼくらは冒険主行中」日本の東京に住んでいます。一人暮らし歴10年以上。体調管理とセルフコントロールを自画自賛してます。ぼくの人生ゲーム攻略の主人公で専門家。口コミや評判が良いおすすめレビューされてる作品やアイテムを実際にAmazonなどで買って使ってみたり感想書いたりもしてます。わかること、出来ることが増えるのは楽しい。調べ屋。試し屋。お買い物の毒見役になれるかも。ブックマーク、シェアやフォローしてくれたら嬉しいです。《装備》読書の剣/筋トレの鎧/血流の盾/ 継続の兜/進化の書《最近欲しい知恵ジャンル》美容・スキンケア、栄養、環境・サスティナブル・SDGs、防災、書店の未来、and more…

カテゴリー:
関連記事