進撃のノアさんの本「好かれる力」感想。年収2億稼ぐキャバ嬢の考え方を学ぶ。ネタバレなし

北新地ナンバーワンキャバ嬢の進撃のノアの著書「好かれる力」の感想をブログに書いた時に用意した画像

進撃のノアさんの著書、「好かれる力」(光文社)を読みました。

大阪は北新地、

華々しいキャバクラの世界で

ナンバーワンの進撃のノアさん。

なんと年収2億!

ですって。

努力をして、結果を出して

しかもそれをキープする。

とても難しく大変なことです。

「そういう人が何考えてるのか?」

に興味があり、買って読んでみました。

ネタバレなしです。

多感な時期にいろいろ経て、キャバ嬢の世界へ

もともとは裕福な家庭で育った進撃のノアさん。

幼少期の習い事もバレエやそろばんなど様々なことをやってました。

だからこそ、抱くコンプレックスがあったーーー

コンプレックスについてはぼくも自分に対して思うところがあるので、

とても共感しました。

何かを達成するための

原動力としては充分。

名前のインパクトに負けないように存在感をだす

「進撃のノア」…一度聞いたらなかなか忘れない名前です。

進撃は、人気マンガ「進撃の巨人」からとったそう。

名前に関するエピソードも本に書かれています。

ネタバレきらいなので隠しますが。笑

インパクトある名前をつけたからには、それに負けないように存在感を出していこうと自分を奮い立たせたようです。

ガッツあるなあと思いました。

ぼくはラファエルさんのYouTube動画で知りました

YouTuberラファエルさんの動画で登場していました。

この時にはすでにナンバーワンになって本も出していた後です。

すごくオシャレなタワーマンションに暮らしているようです。

この動画だけでも、

進撃のノアさんが「好かれる力」の一端が垣間見れます。

返事の仕方がいちいち好感持てるこの感じ。

すごいな。反射でこちらがアガる言葉をくれるような。

こっちの動画もとても良かったです。進撃のノアさんに24時間密着した動画です。

キャバ嬢としてお客さんを楽しませつつ、「ニルス」のマネージャーもしながら、

深夜までお酒を飲んで、

翌朝早くからジムで筋トレ……

更には美容やヘアメイクも日々の努力を怠らない…

キラキラしてるだけじゃないんですね。ストイック!!

感想、努力してる人に楽しませてもらったら、そりゃお金落とすよなあ…

進撃のノアさん、ストイックです。

自身の性格を「負けず嫌い」と表現してますけど、

思うだけじゃなく実際に行動してる量が

とにかくえげつないことがわかってきました。

どうしたらお客さんを楽しませられるか、

常に考えているようです。

ぼくはキャバ嬢、というかキャバクラそのものにあまり縁がないので

今までおかしな偏見の目で見ていた気がしますが、

かなり見方が変わりましたね。

努力家って、基本的にかっけーんすよね。

「やりきる」って大事。楽しみながらやるのがコツなんでしょうか。

信念を貫くのは楽しいことだ

進撃のノアさんの本、「好かれる力」(光文社)

の感想でした。

努力家はかっこいい。ストイックは正義。

自分の意志を持つこと、

そしてそれを貫くこと。

また貫くにはどうしたらいいのか考えること。

進撃のノアさんは、それそのものを楽しんでいるようにも見えます。

だからあんだけやれるんだなあ。

あ、わかった。この本、お守りになるかも。

自分ががんばっててくじけそうな時に、楽しみながらすんげー努力してる

進撃のノアさんの本を読み返せばいいんだ。

おまけ、こんな本もあります

おまけで、いくつか近いジャンルの本を選書して置いておきます。

ご参考に。

【49%に嫌われ、51%に好かれる社長になれ、進撃のノア、KADOKAWA、2022年07月04日】

【北新地の門りょう ナンバーワンキャバ嬢の仕事とお金と男のホンネ、門りょう著、トランスワールドジャパン株式会社、2018年04月17日発売】

【日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力、小川 えり著(エンリケさん)、KADOKAWA、2018年06月15日発売】

関連記事