Movie

高校生のジャズを通じた友情!実写の映画「坂道のアポロン」見ました。原作漫画とはまた違った趣があってよかった

ピアノの画像に「映画坂道のアポロンを鑑賞した」という文字を入れたもの

Brave(@Bravebureibu)です。

映画「坂道のアポロン」を見ました。

もともとの原作は漫画。

ジャズを題材にした高校生の友情を描く作品で、アニメ化もしました。

そしてその後、実写映画化したものを今回、鑑賞しました。

ネタバレなしです。

感想など書いていきます。

 

簡単なあらすじ、1966年・佐世保

主人公の西見薫(にしみかおる)が、親の仕事の都合で横須賀から佐世保に引っ越してきます。

そして転校した学校で、新しい高校生活がはじまります。

西見薫には、定期的に屋上に上がらなければならない「クセ」があります。

そして「クセ」が発動してしまい、屋上に走るーー。

そこで、大柄の男子、川渕千太郎(かわぶちせんたろう)を出会います。

あるきっかけで川渕千太郎がジャズを演奏することを知ります。

そこから西見薫の高校生活にジャズが入り込み、さらに人との向き合い方が変化していきーー。

…こんな感じです。

 

小松菜奈さんがかわいい!笑

「小松菜奈」の画像検索結果

画像出典:映画.com

小松 菜奈(こまつ なな、1996年2月16日)は、日本の女優、ファッションモデル。

山梨県出身。スターダストプロモーション所属。小松菜奈Wikipedia

ヒロイン迎律子(むかえりつこ)役の小松菜奈さんはもともとはモデルさんで、映画「渇き。」で女優デビュー。

そこからガンガン人気が急上昇して、「バクマン。」でもヒロイン役を演じていましたね。

今作「坂道のアポロン」でも、とてもかわいかったです。

セリフが佐世保の方言で、なおさらかわいかった。笑

方言の女子って…いいよね。

 

 


まとめ、アニメ版が一番好きかな。実写でも泣いたけど

ぼくはまず坂道のアポロンの漫画が連載中集め始めていて、完結まで全巻買って読んでました。

その後アニメ化したのでアニメも全部見て、

そして待望の?実写映画化ということで楽しみにしていました。

これは実写化あるあるなんですけれど、

コンパクトな時間におさめるために、ところどころストーリー展開を端折っている部分がありました。そこが若干気になってしまいました。

それでもストーリーが泣けるポイントが多いこの作品。

漫画でも泣いて、アニメでも泣いて、

実写映画でも鑑賞中に2回泣きました。笑

 

蛇足、アニメは音楽が魅力的すぎる

アニメ版の「坂道のアポロン」は、テレビアニメ『COWBOY BEBOP』(カウボーイビバップ)を手がけた監督・渡辺信一郎と同作品の音楽を作った菅野よう子が久々にタッグを組むことが話題になりました。

カウボーイビバップも全話見ましたが、菅野よう子さんの音楽はものすごく魅力的です。

まだ見てない人は、機会があれば「坂道のアポロン」も「COWBOY BEBOP」もアニメを見てみるのをおすすめしますよ。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
Brave
Brave(ブレイブ)です。のら勇者。伸びしろは希望。言葉は細胞。レベル上げする人の味方です。日本の東京に住んでいます。まずは世界の前にぼくを救ってるよ。ブログはほめまくりの書評と回復系が多め。フォローやシェアしてくれたら嬉しいです。