Quest

六本木の21_21 DESIGN SIGHTに、企画展「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」を見に行きました。

六本木21_21DESIGN SIGHTにて2018/2/23-2018/6/10に行われた企画展ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たちのパンフレット

Brave(ブレイブ)です。
昨日、6/10に、六本木のミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHTというところに写真展を見に行きました。

六本木21_21DESIGN SIGHTにて2018/2/23-2018/6/10に行われた企画展ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たちの垂れ幕

企画展「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」という写真展で、ちょうど昨日が最終日。
間に合って良かったです。

企画展「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」
[blogcard url=”http://www.2121designsight.jp/program/new_planet_photo_city/”]

 

雨の中午前中に行きましたが、思いのほかお客さんは多かったです。

やはり土地柄、企画柄、外国人も多く、

「芸術は世界共通だなあ」…なんてありきたりなことを考えてました。笑

 

ウィリアム・クラインってやっぱりビッグネームなんだなあ〜なんてのんきに眺めてました。

ほぼほぼ撮影許可とのことで、一枚だけ撮りました。

六本木で行われた企画展でのウィリアム・クラインの作品

暗い部屋でプロジェクターを使って写真を映し出すやつ。

 

ウィリアム・クラインの作品ゾーンを抜けると、いろんな写真家の作品がずらーっと。

ぼくはあんまり詳しくないのですが、石川直樹さんは知っていました。笑

批評をするほどアートに詳しくないし、有名無名とか勉強不足でよくわかりませんのであまり書くことないんですけど、行ってよかったです。

これからアートをたくさん見て「眼」を鍛えたいです。

そっち方面の情報もキャッチしてこう。

 

 

ABOUT ME
Brave
なんと この記事を書いた のら勇者Braveが なかまに なりたそうに こちらをみている! フォローして あげますか?